AV業界では「俳優」という呼び方をしません。「AV女優」「AV男優」という呼び方をしており、「俳優」と書く流れもありません。

女性の「俳優」と「女優」がなぜ混在するかについて、毎日ことばでは、次のような紹介をされていました。

もともと言葉の成り立ちとしては「俳優」が古く、平安時代の辞書「色葉字類抄」に「俳優 ハイイウ」と記述されています。

(中略)

江戸時代にはプロの役者さんは男性のみでしたので、明治になって女性の俳優さんが登場したときには別の単語が必要で、「女優」という言葉が生まれたのだと思います。

女性の「俳優」と「女優」 なぜ混在?

AV業界は「プロの役者は男性のみだったところに女性俳優が登場した」とは明確に異なります。

アダルトビデオでは、もともとプロの役者さんは女性と男性の両方がいました。しかもアダルトビデオでは女性が主役です。(現在は女性向け作品、ゲイ向け作品もありますが…)

あくまでも女優の演技を主軸に作品が作られ、AV男優はAV女優の演技を引き出す側に徹します。

新聞などでは男女平等の観点から男女を強調しないような表現がされていますが、AV業界は男女平等でもなく、女性が主役です。

あえて「俳優」と表現することも求められていないのでしょう。

なお、1980年代・1990年代のAV業界では、男優に個性を出すことが求められていました。当時のAV女優はできるプレイが現在のように過激ではなく、フェラチオできればいい方で、本番行為が行われていないこともありました。

そこで、個性的な男優が登場することでAVを売ったわけです。その流れから、ナンパ物の作品で人気を集めた島袋浩さんや、潮吹きで有名な加藤鷹さん、大きな筋肉を持つチョコボール向井さんが登場しました。

お店選びに迷ったら

あなたに合ったお店を選ぶためにお勧めしたいのが求人サイトのスカウト機能です。

サイトに登録すると、それを見て「あなたに働いて欲しい」と思った風俗店の求人担当スタッフがスカウトしてくれるという仕組みです。

お店が直接スカウトしているのですから採用される可能性は高いですし、給与条件や待遇などを有利に交渉することだって可能です。

おすすめの風俗求人サイト

  • Qプリ

    Qプリ

    女の子に近い目線で運営している求人サイトです。

    『Qプリ保証』という独自の保証サービスを提供しており、入店祝い金や面接交通費を確実に受け取ることができます。

    同じお店に応募するならQプリからの方がお得です。

    Qプリへ
  • ぴゅあじょ

    ぴゅあじょ

    大手風俗サイトのぴゅあらばが運営しており多くの優良求人が掲載されています。未経験でお店選びに迷っている貴女にオススメのサイトです。

    大至急お金が必要な時に『今日働きたいアピール』を使えば、今日の夜からだって働くことができます。

    ぴゅあじょへ
  • 365日マネー女子宣言

    全国約2,400件という風俗求人情報数を誇るのが「365日マネー女子宣言」です。

    誇大表現やダミー求人を載せない取り組みをより厳しく行っています。

    365日マネー女子宣言へ
  • ミミロケ

    風俗求人情報サイト「ミミロケ」は、首都圏と関西エリアに強い求人サイトです。匿名で登録すると、風俗店があなたにアプローチしてくれます。

    個人のメアドは非公開、掲載されているのは営業届を確認できた店だけなので、安心して利用することができます。


    ミミロケへ
  • Motto!

    女の子の為の登録型高収入アルバイト情報サイト「Motto!スカウトパラダイス」。

    無料会員登録をすると、あなたを必要とする店舗からオファーメールが届きます。


    Mottoへ