ファッションヘルスやソープランドなどの店舗型風俗店では『出勤制限』というものがあります。

店の要請で出勤を制限されるというものです。

  • 出勤制限を受ける⇒出たい日に働けなくなるので稼ぎが減る
  • 出勤制限がない⇒好きなだけ働けるので稼ぎが増える

このように女の子の稼ぎに直結するのが出勤制限です。「なぜ出勤制限というシステムがあるか」「出勤制限を受けないためにはどうすれば良いか」を説明します。

なぜ出勤制限を受けるのでしょう?

風俗店のアルバイトは、女の子が好きな時に働けて好きな時に休める自由出勤制を採用している店が多いです。その代表例がデリヘルです。当日に電話して「今日働きたいです」といえば出勤表に掲載してもらうことができます。

しかし、ファッションヘルスやソープランドなどの店舗型風俗店では「部屋の数が決まっているので出勤枠も限られる」という事情があります。

個室待機なら出勤枠を制限しなければいけない

個室待機のお店では自由出勤制だとしても勤怠にシビアです。

部屋数が10なら、同じ時間帯に出勤できるのは10人までです。同じ日に出勤したいという女の子が11人いたら、1人は制限しなければいけません。

どの女の子を優先すれば売上が上がるのかを考えて出勤制限の要請をします。

個室待機にしている風俗店の自由出勤制は「好きな時に出勤できるけれど、断られることもある」ことを知っておきましょう。

集団待機なら出勤制限をしないで良い

個室待機の店では出勤制限を設けなければいけませんが、集団待機なら別です。

部屋の数が決まっている店舗型風俗店でも、女の子の待機所を設けることで好きなだけ出勤できるようにしている風俗店もあります。

出勤制限を受ける女の子の特徴

出勤制限を受ける女の子の特徴は大きく分けて3つあります。

  1. 本指名を返せない
  2. クレームが多い
  3. 欠勤・遅刻が多い

人気のある子は出勤制限を受けませんし、人気のない子なら出勤制限を受けてしまいます。

頻繁に出勤制限を受ける場合の対処法は?

  • 週5日の勤務を希望しているのに、出勤制限を受けて週4日しか働けない⇒今の店で頑張ることをお勧めします。
  • 週5日の勤務を希望しているのに、出勤制限を受けて週2~3日くらいしか働けない⇒移籍した方が良いと思います。

頻繁に出勤制限を受けるということは、店側からの信用がゼロになっていてフリー要員になっているのでしょう。心機一転して本指名客を増やそうとしても、現在の状態で挽回するのは本当に難しいです。

今の店に見切りを付けて、移籍先のお店で新人期間中にしっかりと実績を残しましょう。新人期間中は優先して出勤できますし、優先してお客さんを付けてもらえるのでチャンスが沢山あります。

お店選びに迷ったら

あなたに合ったお店を選ぶためにお勧めしたいのが求人サイトのスカウト機能です。

サイトに登録すると、それを見て「あなたに働いて欲しい」と思った風俗店の求人担当スタッフがスカウトしてくれるという仕組みです。

お店が直接スカウトしているのですから採用される可能性は高いですし、給与条件や待遇などを有利に交渉することだって可能です。

おすすめの風俗求人サイト

  • Qプリ

    Qプリ

    女の子に近い目線で運営している求人サイトです。

    『Qプリ保証』という独自の保証サービスを提供しており、入店祝い金や面接交通費を確実に受け取ることができます。

    同じお店に応募するならQプリからの方がお得です。

    Qプリへ
  • ぴゅあじょ

    ぴゅあじょ

    大手風俗サイトのぴゅあらばが運営しており多くの優良求人が掲載されています。未経験でお店選びに迷っている貴女にオススメのサイトです。

    大至急お金が必要な時に『今日働きたいアピール』を使えば、今日の夜からだって働くことができます。

    ぴゅあじょへ
  • 365日マネー女子宣言

    全国約2,400件という風俗求人情報数を誇るのが「365日マネー女子宣言」です。

    誇大表現やダミー求人を載せない取り組みをより厳しく行っています。

    365日マネー女子宣言へ
  • ミミロケ

    風俗求人情報サイト「ミミロケ」は、首都圏と関西エリアに強い求人サイトです。匿名で登録すると、風俗店があなたにアプローチしてくれます。

    個人のメアドは非公開、掲載されているのは営業届を確認できた店だけなので、安心して利用することができます。


    ミミロケへ
  • Motto!

    女の子の為の登録型高収入アルバイト情報サイト「Motto!スカウトパラダイス」。

    無料会員登録をすると、あなたを必要とする店舗からオファーメールが届きます。


    Mottoへ