風俗店には、「面接で服を脱がすお店」と「脱がさないお店」があります。割合は全体の5:5くらいで、服を全く脱がさずに口答チェックするだけのお店が増えています。

面接で服を脱がす理由や、セクハラ面接を防ぐためのポイントを紹介します。

風俗の面接で服を脱がす理由はクレームの予防

女性は風俗店にとって商品なので、男性客からクレームがつかないようにチェックする必要があります。大きな傷があれば男性客からクレームがついてしまいますし、タトゥーに対して良い印象を持っていない方も多いです。

具体的には

  • 入れ墨やタトゥー
  • 妊娠線
  • 大きな傷

この3つがないかを確認しています。

もっとも脱がすといっても全裸になるわけではありません。服を脱ぐ店でも、下着姿で妊娠線やタトゥーのチェックをするだけです。

応募時に「面接で服を脱ぎますか?」と聞けば教えてくれる

求人サイトで応募する時には、「面接で服を脱ぎますか?」という質問を書いておくのがおすすめです。電話で応募するなら直接聞くのも良いでしょう。

  • 面接で服を脱ぐかどうか
  • どこまで脱ぐか(下着姿になるか、全裸になるか)
  • 口答チェックだけなのか

こんなことを教えてくれます。

無意味に服を脱がすお店やセクハラ面接を行っている店は少ないですし、脱がすお店でもなんらかの配慮はしてくれます。

もしもセクハラ面接だと感じたら

もしも「これってセクハラ面接でしょ」「なんで全裸にして恥ずかしい格好までさせるの?」なんて思ったら面接だけで帰りましょう。

きっとその後の実技講習も酷いです。

実技講習がセクハラ講習になっている店は少ないながらも存在しています。吉原の高級ソープのオーナーが趣味でNS講習しているのは有名な話ですが、あまりお勧めできません。

実技講習では服を脱ぐの?

入店後は実技講習を受けてからお客さんの接客をスタートします。しかし男性相手の実技講習は行わず、DVDを見るだけのお店が多くなりました。特にデリヘルはDVD講習が一般的です。

箱ヘルやソープランドでは裸になって講習を行うことが多いです。特にマットプレイを行う店(ソープランドやマットヘルス)では必ず講習があります。

ソープランドの講習は先輩嬢が講師となって女性同士で行うが多いです。講習を受けるためにお金が必要なので覚えておくとよいでしょう。

お店選びに迷ったら

あなたに合ったお店を選ぶためにお勧めしたいのが求人サイトのスカウト機能です。

サイトに登録すると、それを見て「あなたに働いて欲しい」と思った風俗店の求人担当スタッフがスカウトしてくれるという仕組みです。

お店が直接スカウトしているのですから採用される可能性は高いですし、給与条件や待遇などを有利に交渉することだって可能です。

おすすめの風俗求人サイト

  • Qプリ

    Qプリ

    女の子に近い目線で運営している求人サイトです。

    『Qプリ保証』という独自の保証サービスを提供しており、入店祝い金や面接交通費を確実に受け取ることができます。

    同じお店に応募するならQプリからの方がお得です。

    Qプリへ
  • ぴゅあじょ

    ぴゅあじょ

    大手風俗サイトのぴゅあらばが運営しており多くの優良求人が掲載されています。未経験でお店選びに迷っている貴女にオススメのサイトです。

    大至急お金が必要な時に『今日働きたいアピール』を使えば、今日の夜からだって働くことができます。

    ぴゅあじょへ
  • 365日マネー女子宣言

    全国約2,400件という風俗求人情報数を誇るのが「365日マネー女子宣言」です。

    誇大表現やダミー求人を載せない取り組みをより厳しく行っています。

    365日マネー女子宣言へ
  • ミミロケ

    風俗求人情報サイト「ミミロケ」は、首都圏と関西エリアに強い求人サイトです。匿名で登録すると、風俗店があなたにアプローチしてくれます。

    個人のメアドは非公開、掲載されているのは営業届を確認できた店だけなので、安心して利用することができます。


    ミミロケへ
  • Motto!

    女の子の為の登録型高収入アルバイト情報サイト「Motto!スカウトパラダイス」。

    無料会員登録をすると、あなたを必要とする店舗からオファーメールが届きます。


    Mottoへ