『風俗で働く時にはスカウトマンを使わない方が良い』という話しは良く聞くと思います。スカウトマンが違法なのが知れ渡ってきたので、「私たちはスカウトマンではありません」と言ってるスカウト会社も増えてきました。

スカウトマンを利用することが何もかもダメなわけではありませんが、しっかり仕事をしてくれる方が多いかといえば、決してそんなことはありません。

スカウトマン・スカウト会社を利用して詐欺にあってしまう女の子は多いので、できれば大手の求人サイトを利用して、警察に風俗営業届出を出している店で働くことをおすすめします。

このページでは

  • スカウトマンの仕事内容
  • スカウト会社が違法な理由
  • 特に注意した方がいいスカウト会社

について紹介します。

スカウトマンの仕事の流れついて

スカウトマンの仕事の流れは以下の通りです。

  • 路上で女性に声をかけたり、ツイッターなどで女の子を見つけて風俗店を紹介する
  • 女の子が仕事で悩んだらフォローしたりアドバイスする
  • 上記の見返りに店からスカウトバックを受け取る

よく話題に上がっているのが、店から受け取る『スカウトバック』という報酬システムです。

スカウトバックとは

スカウトマンの収入は、キャバクラを紹介した場合と風俗店を紹介した場合で異なります。

キャバクラでは支払い一回限りの買取制を、ヘルスやソープなどの性風俗店では永久歩合制が多いですね。

スカウトマンの収入として知られているスカウトバックとは後者のことで、紹介した女性の売上の10~20%が永久的に支払われる制度です。

スカウトマンを使わない方が良い理由として『スカウトバックを受け取ってるから』『スカウトバックを受け取ることによって女の子の給料が減る』ということを見かけます。

女の子の給料が減るというのはマイナー

『スカウトバックを受け取ることによって女の子の給料が減る』というのは現在では少数派です。

スカウトバックを支払っても女の子の給与から引かれるわけではなく、女の子の給与はそのままで店がスカウトマンに報酬を支払う形が主流です。

もちろん、女の子への支払いを減らしてスカウトマンに払っている店もありますし、スカウトバックの高い店を優先して紹介するということはありえます。

スカウトマンを使うメリット

スカウトマンを使うメリットは『女の子が採用されるであろう店を紹介してくれる』ということです。

面接に行っても落ちてなかなか働けないという事態も防げますし、店から受け取る給料の交渉をしたり、写真を加工して写メ面接を通しやすくしてくれます。

スカウトマンを使うデメリット

スカウトマンのデメリットを簡単に言うと『詐欺に合う可能性が高い』ということです。

スカウトマンを使っている風俗店は、職安法違反のためにガサ入れされる可能性が高い

路上スカウトが違法というのは良く見かけますよね。多くの自治体で制定している迷惑防止条例に反しているので、繁華街での声掛けは禁止されています。

スカウトマンの仕事自体が職業安定法に違反しています

職業安定法では「有料職業紹介事業は厚生労働大臣の許可を受けなければならない」と定めています。

(有料職業紹介事業の許可)
第三十条  有料の職業紹介事業を行おうとする者は、厚生労働大臣の許可を受けなければならない。

2  前項の許可を受けようとする者は、次に掲げる事項を記載した申請書を厚生労働大臣に提出しなければならない。
一  氏名又は名称及び住所並びに法人にあつては、その代表者の氏名
二  法人にあつては、その役員の氏名及び住所
三  有料の職業紹介事業を行う事業所の名称及び所在地

職業安定法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO141.html

『スカウトバックが発生すると違法、無償での紹介は合法』というのは職業安定法が根拠になってます。

有料職業紹介事業所ってなに?

有料職業紹介事業所は、いわゆる「転職エージェント」「人材紹介会社」「人材バンク」と呼ばれる会社のことです。

転職エージェントとは厚生労働大臣から認可を受けて企業に人材紹介サービスを行っている会社のことで、

仕事を探している人に対しては、その一人一人の性格や能力に合った企業を紹介します。

転職エージェント(人材紹介会社)とはより

一般の転職エージェントは厚生労働大臣の認可を受けて営業しています。しかし、スカウトマンは誰一人として厚生労働大臣から認可を受けていません。スカウトマンやスカウト会社が職業安定法違反(有害業務職業紹介)で逮捕されたニュースは度々見かけると思います。

『厚生労働大臣の許可を受けずに職業紹介事業をしている=スカウト会社やスカウトマンは全員が違法企業or犯罪者』ということなんですね。

スカウトマンはヤクザと繋がっている可能性が高い

違法な行為で収益を上げているわけですから、暴力団と繋がっている可能性すらあります。大手のスカウトグループが逮捕された報道があると、暴力団との関係について言及されているのを見かけると思います。

関連:風俗スカウトグループ『絆』が摘発され、風俗店経営者も逮捕されました

風俗店にガサが入ると身バレの危険性がある

以前はスカウトマンが逮捕されるのは迷惑防止条例が多かったですが、最近は職安法違反で逮捕されるケースが多いです。そんな場合、スカウトマンの職安法違反を立件するために風俗店にガサが入ります。

風俗店が警察によって摘発されると、そこで働く女の子も警察署へいくことになります。そこで事情聴取を受け、身元引受人として女の子の両親に連絡が行きます。

どのような経緯で警察署に行ったかも連絡が行きますから、風俗で働いたこともバレてしまうのです。もちろん例外はありますが、原則として身元引受人は両親や親族だということを覚えておきましょう。

紹介するだけ、そんなスカウトマンにとって風俗嬢は都合の良いATM機

スカウトマンは全員が犯罪者だとはいっても、私はスカウトマン全員がダメだとは思いません。真面目に仕事してくれるスカウトマンだって存在します。

風俗嬢という仕事は悩みが尽きません。女の子のフォローをしたりアドバイスをすることはスカウトマンの重要な仕事だと思うのです。

でも、女の子を店に紹介したらそれっきりというスカウトマンが多いです。基本的にスカウトマンは紹介するだけ、それだけで永久的にお金を受け取ります。

紹介するだけのスカウトマンにとって風俗嬢は都合の良いATM機なんです。

真剣に女の子のことを考えているスカウトマンは本当にごく一部なのです。”日刊SPAから取材を受けた”という某新宿スカウトマンでさえ何のフォローもしてません。

なぜなら、スカウトマンはいま働いている女の子のフォローをするより、新しい女の子を見つける方がよっぽど大事なんですから。

貴女がオッサン相手に股を開いているのにスカウトマンは寝ていてもお金が入ってくるシステムってどうですかね?貴女は毎月50本や100本ものチンコを咥えたりハメられたりしているのに、何もしてないスカウトマンが毎月何万円も受け取るのって嫌じゃないですか?

『稼げる店を紹介します!』というのは『(スカウトマンが)稼げる店を紹介します!』ってことです。なぜならスカウトマンが契約しているお店しか紹介できないんですからね。

絶対に使ってはいけないスカウトマンの例

使ってみないと分からないスカウトマンですが、こんな人なら関わらない方が良いという例を紹介します。

1.条例でバッチリ規制された違法行為を行うスカウトマン
路上で女性に声をかけて店を紹介する方々のことです。

2.女の子のリスクを考慮しないで提案するスカウトマン
『顔出せば稼げるよ!』『NSしたらもっと稼げるのに、なんでしないの?』と言ってくる方々です。

3.そもそも女の子を騙すスカウトマン
『女の子にはファッションヘルスだと紹介しておいて実はNSソープだった』というトラブル例があります。こういう方々は決まって『騙す気はなかった。店からはヘルスだと説明されていた』なんて言い訳があります。

4.私たちはスカウトマンではありませんよ」と言ってるスカウト会社
自らがスカウト会社なのに「スカウトマンは危険ですよ。だから私に相談してくださいね。」と宣伝している会社があります。

スカウトマンといっても男だけではありません。「女性だから安心してくださいね」というスカウトガールも増えてきました。

騙して女の子を集めているわけですから、利用しない方がいいでしょう。

スカウトマンを使わない方が良い理由まとめ

  • スカウトマンの仕事そのものが違法行為
  • スカウトマン自体が暴力団と繋がっている可能性がある
  • スカウトマンを使っている風俗店は摘発されやすいので、身バレの危険性が高くなる
  • 紹介するだけでアドバイスなんてしない

「スカウトマンにお店を紹介してもらう=犯罪の片棒を担ぐ」ということですから、そのせいであなた自身が困ることは十分にありえます。素直に求人サイト経由で大手の風俗店で働いた方が良いでしょう。

追記:風俗求人サイト(スカウトサイト)は違法じゃないの?

スカウト機能のある風俗求人サイトのことを「スカウトサイト」と呼ばれていますが、求人サイトは職業安定法違反(有害業務職業紹介)に該当しません。

求人サイトが風俗店を紹介するのではなく、女の子が自分で風俗店を見つけるからです。きちんと届け出をしている会社によって合法的に運営されていますから、安心して利用してください。

お店選びに迷ったら

あなたに合ったお店を選ぶためにお勧めしたいのが求人サイトのスカウト機能です。

サイトに登録すると、それを見て「あなたに働いて欲しい」と思った風俗店の求人担当スタッフがスカウトしてくれるという仕組みです。

お店が直接スカウトしているのですから採用される可能性は高いですし、給与条件や待遇などを有利に交渉することだって可能です。

おすすめの風俗求人サイト

  • Qプリ

    Qプリ

    女の子に近い目線で運営している求人サイトです。

    『Qプリ保証』という独自の保証サービスを提供しており、入店祝い金や面接交通費を確実に受け取ることができます。

    同じお店に応募するならQプリからの方がお得です。

    Qプリへ
  • ぴゅあじょ

    ぴゅあじょ

    大手風俗サイトのぴゅあらばが運営しており多くの優良求人が掲載されています。未経験でお店選びに迷っている貴女にオススメのサイトです。

    大至急お金が必要な時に『今日働きたいアピール』を使えば、今日の夜からだって働くことができます。

    ぴゅあじょへ
  • 365日マネー女子宣言

    全国約2,400件という風俗求人情報数を誇るのが「365日マネー女子宣言」です。

    誇大表現やダミー求人を載せない取り組みをより厳しく行っています。

    365日マネー女子宣言へ
  • ミミロケ

    風俗求人情報サイト「ミミロケ」は、首都圏と関西エリアに強い求人サイトです。匿名で登録すると、風俗店があなたにアプローチしてくれます。

    個人のメアドは非公開、掲載されているのは営業届を確認できた店だけなので、安心して利用することができます。


    ミミロケへ
  • Motto!

    女の子の為の登録型高収入アルバイト情報サイト「Motto!スカウトパラダイス」。

    無料会員登録をすると、あなたを必要とする店舗からオファーメールが届きます。


    Mottoへ