セクキャバの仕事内容について

セクキャバは、『セクシーキャバクラ』の略称で、接客サービスが過激なキャバクラのことです。

女の子はお客さんと話をしながら胸を揉ませたりキスをしたりします。基本的には上半身のタッチのみですが、店によっては「女の子からの下半身タッチあり」としていることもあります。

もともと、水商売の接客でお客さんが女の子に触るのはNGでしたが、それをOKとしたのがセクキャバです。

他の風俗店と違って「お客さんを射精させることはない」というのが大きな特徴です。

セクキャバは時給制

通常、風俗の給料は時給で貰えるのではなく完全歩合制です。そのため接客したお客さんが何人かによって大きく変わってきます。

セクキャバは風俗バイトでは数少ない時給制+歩合制です。出勤すればある程度のお給料が発生します。

体験入店時は時給5,000円以上、その後は時給2,500円~4,000円くらい(+歩合給)としている店が多いです。そのため、一度体験入店してみるのがオススメです。

>>Qプリでセクキャバの時給(体験入店)を見てみる

セクキャバで働くメリット

【他の風俗店と比べてセクキャバが良い点】
・男性店員がすぐ近くにいるのでお客さんとのトラブルが起こった時でも安心
・他の風俗営業と比べて肉体的な負担が少ない(性病の危険性が低い)
・時給制のため、お客さんが付かなくても収入が安定する

【キャバクラと比べてセクキャバが良い点】
・会話が上手くなくても大丈夫
・お酒が飲めなくても問題なし
・同伴やアフターなど、店外での営業を頑張らなくても良い
・毎日がお給料日

キャバクラの給料日は月に1回か2回ですが、セクキャバは体験入店後も全額即日払いです。

セクキャバで働くデメリット

摘発の危険性がある

セクキャバのデメリットはこれにつきると思います。

摘発されるのは基本的にVIPルームでヌキのサービスを提供している店だけです。

VIPルームは通常のソファ席とは違って周りの席から見えにくい仕様になっている席です。

交渉次第では手コキやフェラ、場合によっては本番までありというセクキャバもあり、“VIPルームでヌキまでやっている”という噂のあるセクキャバはよく摘発されています。
セクキャバにある『VIPルーム』のサービス内容やバックについて

摘発されない店を選びために『ヌキがないこと』を面接で確認しておきましょう。

セクキャバとおっぱぶの違いは呼び名だけ

『セクキャバとおっぱぶってどう違うんだろう?』と思う女の子は多いです。

基本的にはおっぱぶ=セクキャバです。最近では「いちゃキャバ」と呼ぶお店も増えてきました。

実はサービス内容に明確な線引きがあるわけではないのです。個々の店の方針によって若干の違いがあるだけです。

色々な呼び名があります。

・おっぱいパブ
・セクシーキャバクラ
・いちゃキャバ
・セクシーパブ
・おさわりパブ
・おさわりキャバクラ
・お触りキャバクラ
・ハッスルパブ

『セクキャバは常に胸へのお触りがで可能、おっぱぶはハッスルタイムの時だけお触り自由』と考えている方もいますが、それは間違いです。

セクキャバにもハッスルタイムを導入しているお店はありますし、おっぱぶでもハッスルタイムのないお店があります。

セクキャバとランジェリーパブの違い

そのためセクキャバと似ているようで違うのがランジェリーパブです。

ランジェリーパブでは下着姿の女の子が接客をしますが、お客さんから女の子を触ることは禁止されています。

基本的なシステムはキャバクラと同じです。

ハッスルタイムとは

セクキャバには『ハッスルタイム』時間限定のイベントがあります。

ハッスルタイムとはお客さんが女の子のおっぱいを揉んだり舐めたりできる時間のことです。ハッスルタイム中は店内の照明が暗くなり、女の子が胸をさらけ出したり、お客さんに跨って腰を振ったりします。

ハッスルタイムを導入しているお店では、ハッスルタイム以外でお客さんから女の子へのタッチをNGとしていることが多いです。

ハッスルタイム中のみ女の子がお客さんのズボンの上からのタッチをOKとしている店もありますが、この場合でも射精させることはありません。

オールタイム制のセクキャバ

オールタイム制というシステムを取っているセクキャバがあります。

ハッスルタイムがなく接客中はずっとおさわりがOKというお店です。

セクキャバのお客さんの目的

ほとんどのお客さんは女の子とイチャイチャすることを目的に来店しています。

雰囲気もキャバクラと似ていますから、お触り以外に女の子と話しながらお酒を飲むことを楽しみにして利用するお客さんもいます。

お客さんにとってのセクキャバは『女の子と話をしながら胸を揉んだりキスができるところ』です。

『ヌキはなくとも時間たっぷりキスが出来ることに魅力を感じている』と知っておけば接客が楽になるかと思います。

セクキャバの面接

セクキャバの面接内容は他の風俗バイトと変わりません。

貴女の顔やスタイルを確認して、最低限の常識があって接客しても問題がなさそうかなどが重視されます。

質問内容でよくあるのは「おっぱいは何カップ?」「初体験はいつ?」などです。

女の子からの質問がなければ問題なく体験入店となるでしょう。

上半身裸になって胸を見せるようなことはありませんが、下着姿になって背中に大きな傷痕がないか等を確認される可能性はあります。

男性スタッフからおっぱいを触られたり、キスをしたりといったセクハラ講習はありません。

セクキャバに向いている女の子は?

おっぱいを揉みに来る男性がターゲットですから、セクキャバで働いているのは胸が大きい女の子の方が多いです。

キャバクラほどではないとはいえ、セクキャバもお客さんと会話をする時間があります。会話が得意なことに越したことはありません。キャバクラでの勤務経験があれば優遇されます。

とはいえ、男性との会話が苦手でも大丈夫ですし、キャバクラと違ってお酒が飲めなくても平気です。

年齢層も幅広いです。多くの店で20代後半や30代の女の子を歓迎していますし、熟女店なら40代でも全く問題ありません。

セクキャバで働くには胸が大きくなければいけないの?

『セクキャバで働くには胸が大きくなければ・・・』と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

男性はおっぱいが好きなのであって、巨乳が好きで微乳が嫌いということではありません。過去にはBカップとAカップの女の子がナンバー1・ナンバー2というお店もありました。

ですから「胸が大きくないけど・・・」と気にしている方でもチャレンジする価値はあります。

お店選びに迷ったら

貴女に合ったお店を選ぶためにお勧めしたいのが求人サイトのスカウト機能です。

サイトに登録すると、それを見て「貴女に働いて欲しい」と思った風俗店の求人担当スタッフがスカウトしてくれるという仕組みです。

お店が直接スカウトしているのですから採用される可能性は高いですし、給与条件や待遇などを有利に交渉することだって可能です。

おすすめの風俗求人サイト

  • ぴゅあじょ

    ぴゅあじょ

    大手風俗サイトのぴゅあらばが運営している求人サイトです。悪質な店を徹底的に排除する方針なので未経験でお店選びに迷っている貴女にオススメです。

    大至急お金が必要な時に『今日働きたいアピール』を使えば、今日の夜からだって働くことができます。


    ぴゅあじょへ
  • Qプリ

    Qプリ

    女の子に近い目線で運営している求人サイトです。

    『Qプリ保証』という独自の保証サービスを提供しており、入店祝い金や面接交通費を確実に受け取ることができます。

    同じお店に応募するならQプリからの方がお得です


    Qプリへ
  • 365日マネー女子宣言

    全国約2,400件という風俗求人情報数No.1のサイトが「365日マネー女子宣言」です。

    誇大表現やダミー求人を載せない取り組みをより厳しく行っており、真面目に営業している風俗店からの信頼が厚い求人サイトです。


    365日マネー女子宣言へ
  • いちごナビ

    風俗求人情報サイト「いちごナビ」は、風俗業界で働きたい女性のためのお仕事探し、高時給のアルバイト情報が満載です。

    風俗営業許可証取得済みの風俗店のなかから、こだわり条件検索で貴女にオススメのお店がきっとみつかります。


    いちごナビへ