風俗店の「雑費」は店によって扱いが異なります。雑費が一切かからないお店もあれば、1度の接客で300円ほど引いているお店もあります。

もっとも、雑費が異常なほど高い店は存在します。西川口・大宮にある60分コース11000円~12,000円バックのお店でこんなケースがありました。

youngwoman

一人でも接客すれば1日の雑費が5000円で固定されます。でも、フリー客が1日1本くらいしかつきません。

youngwoman1

お客様が飲んだ飲み物は全て嬢が負担するのはいいのだけれど、60分でビールを5本飲むお客さんがいてつらい。1本500円だから2500円を負担しなきゃいけないのに、ケチると店のスタッフから怒られる。

60分バック11,000円で一人しか接客できなければ、精算時に雑費で5,000円引かれて手取り6,000円ほどになってしまいます。

雑費が高い店で働いてしまった時の対処法は?

雑費が異常に高い店だった場合の対処法は『移籍』です。

身も蓋もありませんが、最大の失敗点は店選びに失敗したことです。

一般の転職活動(昼職の仕事探し)ではいかにしてホワイト企業を探すかが重要なように、風俗店選びでも「稼ぎやすい」「働きやすい」店を選ぶの重要です。

雑費が高くて客付きも悪い店なら早く辞めて、自分にあった次の店を探すのがベストです。

雑費の有無はどうやって確認するか

求人サイトには「雑費なし」と書いてあるのに、実際には雑費を設定している店があります。

求人サイトのスカウト機能を使い、お店のスタッフに「雑費の有無・給与バックのシステムについて教えてください」とメッセージを送りましょう。

この時点でまともな回答が得られず「詳しくは面接でお伝えします」とスタッフからの返信があれば、面接に行く必要もありません。

そもそも雑費って何?なんで引かれるの?

女の子が受け取るバック(給料)から引かれるものです。

お客さんが支払う料金が60分コース15,000円、女の子が受け取るバック(給料)が10,000円」という場合、退勤時に「精算」という形で、タオルやローションなどの使用料金を請求していることがあります。

建前としては「風俗嬢は個人事業主なので店側の設備を使うのに料金がかかる」などと言われていますが、実際はバックを高く見せるための意味不明なシステムです。

雑費を異常に高く設定している店はそもそも稼げません。店選びに失敗してしまっただけなので、気付いた時点で移籍するのをおすすめします。

お店選びに迷ったら

あなたに合ったお店を選ぶためにお勧めしたいのが求人サイトのスカウト機能です。

サイトに登録すると、それを見て「あなたに働いて欲しい」と思った風俗店の求人担当スタッフがスカウトしてくれるという仕組みです。

お店が直接スカウトしているのですから採用される可能性は高いですし、給与条件や待遇などを有利に交渉することだって可能です。

おすすめの風俗求人サイト

  • Qプリ

    Qプリ

    女の子に近い目線で運営している求人サイトです。

    『Qプリ保証』という独自の保証サービスを提供しており、入店祝い金や面接交通費を確実に受け取ることができます。

    同じお店に応募するならQプリからの方がお得です。

    Qプリへ
  • ぴゅあじょ

    ぴゅあじょ

    大手風俗サイトのぴゅあらばが運営しており多くの優良求人が掲載されています。未経験でお店選びに迷っている貴女にオススメのサイトです。

    大至急お金が必要な時に『今日働きたいアピール』を使えば、今日の夜からだって働くことができます。

    ぴゅあじょへ
  • 365日マネー女子宣言

    全国約2,400件という風俗求人情報数を誇るのが「365日マネー女子宣言」です。

    誇大表現やダミー求人を載せない取り組みをより厳しく行っています。

    365日マネー女子宣言へ
  • ミミロケ

    風俗求人情報サイト「ミミロケ」は、首都圏と関西エリアに強い求人サイトです。匿名で登録すると、風俗店があなたにアプローチしてくれます。

    個人のメアドは非公開、掲載されているのは営業届を確認できた店だけなので、安心して利用することができます。


    ミミロケへ
  • Motto!

    女の子の為の登録型高収入アルバイト情報サイト「Motto!スカウトパラダイス」。

    無料会員登録をすると、あなたを必要とする店舗からオファーメールが届きます。


    Mottoへ