デリヘル

人妻デリヘルの「若妻」とは何歳まで?何歳から人妻店を選べばいいの?

人妻をコンセプトにしたデリヘルの中でも「若妻」と呼んで差別を図っている店舗があります。

若妻と呼ばれる可能性があるのは33歳くらいまでです。

もっとも大切なのは実年齢ではなく見た目年齢ですが、若妻をコンセプトにしたデリヘルで働くなら知っておいてもよいでしょう。

20代前半なら幼妻(おさなづま)と呼ばれることもあります。

アダルト業界では人妻と呼ばれる年齢層が若い

アラサーになったら人妻デリヘルで働くのを検討してもよいかもしれません。

アダルト業界では20代後半くらいから「人妻」と呼ばれるジャンルに区分されます。AV女優さんは25歳くらいで人妻作品や熟女作品に出演しています。

一般社会ではアラサーなんてまだまだ若手ですが、アダルト業界はそういうものだと割り切った方がよいでしょう。

風俗業界だと30歳くらいで学生服のコスプレをしている女性は珍しくありませんが、お姉さんや若妻をコンセプトにした店で働くケースが多いです。

人妻デリヘルは若妻タイプと熟女タイプに分かれる

人妻デリヘルといえば20代後半~50代の幅広い女性が働いている風俗です。人妻店のなかでもさらに専門特化している店をみていても下記のような特徴があります。

  • 幼妻店:在籍している女性のほとんどが20代。妊娠線があっても問題なく母乳が出るのをアピールする店も多い。
  • 若妻店:在籍女性のほとんどは30代前半までの設定。実年齢は35歳くらいまで。
  • 熟女店:35歳以上の女性が主戦力になっている。50代女性も働いている。

一般的な人妻デリヘルでデビューする際にどういうキャラクター付けをするかというと、やはり幼妻・若妻・熟女に分かれているケースが見られます。

自分は若妻なのか?人妻なのか?を考えるヒント

「あたし若妻でデビューしてみたいな」
「エロさや妖艶さを売りにするより、元気さや一生懸命さで売って行きたいな」

こんな考えの女性なら若妻として風俗デビューしたほうがよいでしょう。

風俗では『実年齢より見た目年齢が大切』とよくいわれますが、もっとも大切なのは働くあなたの希望です。自分がどうしたいか自己分析してみるのをお勧めします。

人妻店に体験入店してから考えるのもあり

「わたしは若妻と人妻のどちらでも行けそうだから詳しい人の意見を聞いてみたい」

こんな考えなら、2つ以上の店舗を経営している風俗グループへ体験入店してみるのをお勧めします。

多くの女性が在籍している風俗グループなら「若妻でいくのか、若妻ではない人妻でいくのか」を面接担当者と一緒に考えていけるからです。

体験入店して男性客の反応を見ながら人妻でいくか若妻でいくのかを判断できます。

なお、30歳くらいのかたが熟女デリヘルで働くと「人妻デリヘルのなかの若い女の子」という立ち位置になり、結果的に若妻のようなキャラクター付けになります。

お店選びに迷ったときの求人サイト

風俗のお仕事を探そうとすると、色々な求人サイトが存在します。

初心者のかたにお勧めなのが「スカウトサイト」です。 風俗店からのスカウトメール機能を用いた風俗求人サイトです。登録すると風俗店の店長から直接スカウトメールが届くので、昼間の仕事が忙しくてお店を探せない方や、今働いている所よりもっと条件の良い店を探したい女の子に好評です。

スマホから簡単に無料登録が出来ますし、メールアドレスは非公開です。無料で登録した後はお店側からオファーが来るので、あなたは気にいった店にだけ返事をすればOKです。

Qプリ

Qプリ

Qプリは女性人気ナンバーワンのサイトです。

その理由は独自の保証サービス『Qプリ保証』です。 Qプリ保証とは、Qプリから応募すると
  • 体験入店すると入店祝い金(1万円)
  • 面接交通費(2,000円)
が応募者の女性に支払われます。お店と求人サイトの両方から入店祝い金を受け取れるので、同じ店に応募するならQプリからがお得です。

今すぐ働けるお店を探せる『今日お仕事したい』があるので、今日の夜からでも働けるお店が見つかります。

365日マネー女子宣言

駅の看板などに広告を出している大手求人サイトです。

すぐに面接できるお店を探せる『スグメン』を使えば、今日の夜からだって働けます。

掲載されているのは営業届を確認できた店だけで、誇大表現やダミー求人をを排除する取り組みを行っています。

ぴゅあじょ

ぴゅあじょ

風俗ポータルサイトのぴゅあらばが運営している求人サイトです。掲載されているのは営業届を確認できた店だけで、誇大表現やダミー求人をを排除する取り組みを行っています。

今日働きたいアピール』を使えば、すぐに面接してくれるお店が見つかるので、急にお金が必要なときに便利です。

顔写真を登録できるかたは採用担当者の目に留まりやすいです。

-デリヘル

© 2022 はじめて風俗バイト