面接

風俗店の面接では服を脱がされる?セクハラ面接を防ぐための知識

風俗店には、「面接で服を脱がすお店」と「脱がさないお店」があります。割合は全体の5:5くらいで、服を全く脱がさずに口答チェックするだけのお店が増えています。

面接で服を脱がす理由や、セクハラ面接を防ぐためのポイントを紹介します。

風俗の面接で服を脱がす理由はクレームの予防

風俗店にとって女性は商品なので、男性客からクレームがつかないように面接でチェックする必要があります。大きな傷があれば男性客からクレームがついてしまいますし、タトゥーに対して良い印象を持っていない方も多いです。

具体的には

  • 入れ墨やタトゥー
  • 妊娠線
  • 大きな傷

この3つがないかを確認しています。

脱がすといっても全裸にさせるわけではありません。面接で服を脱いでもらう店のほとんどは、下着姿で妊娠線やタトゥーのチェックをするだけです。

応募時に「面接で服を脱ぎますか?」と聞けば教えてくれる

求人サイトで応募する時には、「面接で服を脱ぎますか?」という質問を書いておくのがおすすめです。電話で応募するなら直接聞くのも良いでしょう。

  • 面接で服を脱ぐかどうか
  • どこまで脱ぐか(下着姿になるか、全裸になるか)
  • 口答チェックだけなのか

こんなことを教えてくれます。

無意味に服を脱がすお店やセクハラ面接を行っている店は少ないですし、脱がすお店でもなんらかの配慮はしてくれます。

もしもセクハラ面接だと感じたら

もしも「これってセクハラ面接でしょ」「なんで全裸にして恥ずかしい格好までさせるの?」なんて思ったら面接だけで帰りましょう。

きっとその後の実技講習も酷いです。

実技講習がセクハラ講習になっている店は少ないながらも存在しています。吉原の高級ソープのオーナーが趣味でNS講習しているのは有名な話です。

実技講習では服を脱ぐの?

入店後は実技講習を受けてからお客さんの接客をスタートします。しかし男性相手の実技講習は行わず、DVDを見るだけのお店が多くなりました。特にデリヘルはDVD講習が一般的です。

箱ヘルやソープランドでは裸になって講習を行うことが多いです。特にマットプレイを行う店(ソープランドやマットヘルス)では必ず講習があります。

ソープランドの講習は先輩嬢が講師となって女性同士で行うが多いです。講習を受けるためにお金が必要なので覚えておくとよいでしょう。

お店選びに迷ったときの求人サイト

風俗のお仕事を探そうとすると、色々な求人サイトが存在します。

初心者のかたにお勧めなのが「スカウトサイト」です。 風俗店からのスカウトメール機能を用いた風俗求人サイトです。登録すると風俗店の店長から直接スカウトメールが届くので、昼間の仕事が忙しくてお店を探せない方や、今働いている所よりもっと条件の良い店を探したい女の子に好評です。

スマホから簡単に無料登録が出来ますし、メールアドレスは非公開です。無料で登録した後はお店側からオファーが来るので、あなたは気にいった店にだけ返事をすればOKです。

Qプリ

Qプリ

Qプリは女性人気ナンバーワンのサイトです。

その理由は独自の保証サービス『Qプリ保証』です。 Qプリ保証とは、Qプリから応募すると
  • 体験入店すると入店祝い金(1万円)
  • 面接交通費(2,000円)
が応募者の女性に支払われます。お店と求人サイトの両方から入店祝い金を受け取れるので、同じ店に応募するならQプリからがお得です。

今すぐ働けるお店を探せる『今日お仕事したい』があるので、今日の夜からでも働けるお店が見つかります。

365日マネー女子宣言

駅の看板などに広告を出している大手求人サイトです。

すぐに面接できるお店を探せる『スグメン』を使えば、今日の夜からだって働けます。

掲載されているのは営業届を確認できた店だけで、誇大表現やダミー求人をを排除する取り組みを行っています。

ぴゅあじょ

ぴゅあじょ

風俗ポータルサイトのぴゅあらばが運営している求人サイトです。掲載されているのは営業届を確認できた店だけで、誇大表現やダミー求人をを排除する取り組みを行っています。

今日働きたいアピール』を使えば、すぐに面接してくれるお店が見つかるので、急にお金が必要なときに便利です。

顔写真を登録できるかたは採用担当者の目に留まりやすいです。

-面接

© 2022 はじめて風俗バイト