お店選びの基礎知識

妊娠中でも働ける風俗店の見つけ方は?

風営法で「妊婦さんを働かせてはいけない」なんて決まってませんから、妊婦さんも風俗で働くこと自体は可能です。

しかし、一般的な風俗店では妊婦さんを働かせることに消極的です。お店側だってお腹の子供に何かあっ手も責任は取れませんし、風俗店のスタッフだってできれば働かせたくないと考えている人が多いです。

お客さんも「妊婦さんはちょっと…」という人が多いので、安定して稼ぐことは難しいでしょう。

妊婦専門店・母乳専門店はある

「妊婦専門」「母乳専門」というマニアックなコンセプトで営業している風俗店はあります。

大阪などの大きな風俗街や鶯谷などのデリヘルが盛んなエリアには多いです。お店にやってくるお客さんも「妊婦さんが好き」「母乳を飲んでみたい」という気持ちなので、安定して稼ぐことが可能です。

興味があれば、求人サイトに登録してプロフィールに「妊娠しています。」と書いてみましょう。あなたが働けるお店からオファーがかかります。

【おすすめ】生活保護を検討する

「妊娠してから生活費が厳しくて病院にもいけない」
「出産費用を稼ぐために風俗バイトをしなければいけない」

こんな状況であれば、生活保護を検討してみてください。

生活保護制度には、妊娠している人が受けられる「出産扶助」があり、分娩費用や入院費用など40万円程度を負担してくれます。

内訳は次の通りです。

  • 基準費:施設分娩の場合245,000円以内
  • 入院費:最大で8日間の入院費実金額
  • 衛生材料費:ガーゼやマスクにかかる費用を5400円を上限に支給

もちろん、生活費を支払うための「生活扶助」や、家賃を払うための「住宅扶助」を受けられるので、最低限の生活はすることができます。

まずは、市役所や区役所へ行って福祉事務所や健康福祉センターの職員さんに相談してください。法テラスを利用して、弁護士の無料相談を利用するのもおすすめです。

風俗に復帰するのはお子さんを産んでからにしませんか?

妊娠中は薬の服用も制限されます。「性病になっても抗生物質飲めばOK」みたいなことが一切通用しません。妊娠がわかった時点で風俗バイトは一旦やめるのをおすすめします。

無事に元気なお子さんを生むまでは生活保護を受けて、あなたの体が落ち着いた時点で風俗に復帰しませんか?母乳が出るなら母乳専門店もありますし、子供と一緒に住める寮や提携託児所のある風俗店はいくらでもあるのですから。

お店選びに迷ったときの求人サイト

風俗のお仕事を探そうとすると、色々な求人サイトが存在します。

初心者のかたにお勧めなのが「スカウトサイト」です。 風俗店からのスカウトメール機能を用いた風俗求人サイトです。登録すると風俗店の店長から直接スカウトメールが届くので、昼間の仕事が忙しくてお店を探せない方や、今働いている所よりもっと条件の良い店を探したい女の子に好評です。

スマホから簡単に無料登録が出来ますし、メールアドレスは非公開です。無料で登録した後はお店側からオファーが来るので、あなたは気にいった店にだけ返事をすればOKです。

Qプリ

Qプリ

Qプリは女性人気ナンバーワンのサイトです。

その理由は独自の保証サービス『Qプリ保証』です。 Qプリ保証とは、Qプリから応募すると
  • 体験入店すると入店祝い金(1万円)
  • 面接交通費(2,000円)
が応募者の女性に支払われます。お店と求人サイトの両方から入店祝い金を受け取れるので、同じ店に応募するならQプリからがお得です。

今すぐ働けるお店を探せる『今日お仕事したい』があるので、今日の夜からでも働けるお店が見つかります。

365日マネー女子宣言

駅の看板などに広告を出している大手求人サイトです。

すぐに面接できるお店を探せる『スグメン』を使えば、今日の夜からだって働けます。

掲載されているのは営業届を確認できた店だけで、誇大表現やダミー求人をを排除する取り組みを行っています。

ぴゅあじょ

ぴゅあじょ

風俗ポータルサイトのぴゅあらばが運営している求人サイトです。掲載されているのは営業届を確認できた店だけで、誇大表現やダミー求人をを排除する取り組みを行っています。

今日働きたいアピール』を使えば、すぐに面接してくれるお店が見つかるので、急にお金が必要なときに便利です。

顔写真を登録できるかたは採用担当者の目に留まりやすいです。

-お店選びの基礎知識

© 2023 はじめて風俗バイト